SSブログ

『野ブタ。をプロデュース』面白かった^^。 [日記・雑感]

連続ドラマは続けて観れない性質のころたん。
だけどこれは、何回か見逃したけど、けっこう観れたなぁ。

最初はセルフィーヌ・サクラダ(ペンネーム)が目当てだったけど(笑)。
野ブタという根暗でいじめられっ子の転校生を人気者にプロデュースすることで
普通の学校生活ならクラスメートというだけで、
友達になることはないだろう3人の友情が芽生えていく。
それぞれの心の変化の描写が面白いお話だった。
で、ころたんは最初のお目当てだけでなく、物語にも引き込まれた。
セルフィーヌ・サクラダというおいしいエサで、まんまと食いついたわけだ^^。

さてさて、セルフィーヌ・サクラダさん。
最終回の今日は神社の神主として登場だった^^。
いつもはちょっとアクセント的にしか登場しないけど、出てこない回もあったし;;)
でも登場すると重要なキーワードを指し示す存在だった。
最終回はいっぱい出てらしたね。
お茶目でした^^*)

物語云々の感想は面白かったとしか書かない。
ドラマを見て、ころたんが自分のことや何やらと照らし合わせて感じたことなど。

主人公の修二がドラマの最後に言った言葉。
「どこででも生きていける」
いい言葉だと思う。
それは友がいるからこその言葉なのかなっと思った。
友がいるからこそ経験したことで、
強さ?や一人でも(一人じゃないから)大丈夫という自信が出来たのかな?
もう一つ、自分の人に対する接し方がわかったというのか。
言葉にするとなんか胡散臭くなってしまうが。
ボキャブラリーがないので、いい言葉が見つからない。
実際には転校先に彰が追っかけてきたから、一人ぼっちではないけど。
逆に根暗だった野ブタが一人もとの高校に残った。
彼女は最初からだったと思うけど、強い女の子だネ。
最後はステキな笑い顔ができるようにもなったし、修二と彰の他にも友達ができた^^。
自分は一人でも大丈夫だからと言って、修二の元へ彰を差し向けたのも彼女だ。
修二と彰は二人で一人だからと言って。

このドラマには関係ないけど、私は一人でいるのが好き。
口に出しても言う。
私は自分ではよくわかっちゃいないけど、
他人から見たらさびしい奴かもしれないと思ってはいた。
だけどね。これはけして孤独を愛しているから出てくる言葉じゃないと
このドラマを最終回まで見て、私は気が付いた。

私は一人じゃないもん。
ころたんは気難しいゆえ、友達は少ない。
いろんな集まりで楽しむ友達はまあまあいることはいるけど。
自分からシャットアウトしているところもある。
けっして、ころたんは修二のような人気者ではありません。念のため誤解なきよう。
だけど親友と呼べるような人が何人かはいる。
私が一方的に思っているだけだけど。
素の自分を見せれる人たち。
そんなに大切な人たちでも、心底理解してくれる人は世の中に一人もいないけど。
ころたんは自分自身でも自分のことがよく分かっていないし。
へそ曲がりのころたんは、逆にわかってたまるかっとまで強気になることまでもある。
逆に私だって友のことをちゃんと理解しているかといえば、否。
人の心は計り知れない。
だけど、私の友達は、こんな私でも私の存在を認めてくれている。
私がおかしなことをやらかしたりしても、笑って見ていてくれる、付き合ってくれる。
暴言を吐いても、困った顔したり、時には静かにたしなめられることもある。
私をちゃんと見ていてくれているからこそ、
彼らなりの感じたことを言いたくないことも時々言ってくれるのだと思う。
私の存在を認めてくれているんだ。
そういう存在が大切だと思う。
だから私は一人でいても、少し強くなれる気がする。
孤独ではないから。
それでもへなちょこには違いないけど(汗)。

『野ブタ。をプロデュース』で修二が言った最後の言葉は
そういう意味合いじゃないかもしれないけど、私の身に置き換えたらそう感じた。

だけど、ころたん。
本当に、お前は、どこででも生きていけるのか?
人さまに自分の存在を認めてもらうだけじゃなく
自分の一番近くにいる人の存在も認められるようにならないとダメじゃないのか?

途中からはドラマに関係のない、ころたんの長~い独り言でした(汗)。
面白く、心に入り込んでくるものって、いろいろ考える機会をもらえる。
ろくなこと考えていないかもしれないけど、脳の活性化には役に立っているかなぁ・・・。

(ころたん的BGMセレクト:青春アミーゴ/修二と彰)
わたしゃ、この歌好きだよ。カラオケで歌いたい^^♪


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

nice! 2

コメント 2

このドラマ見てみたい気がしました。
私は、親友がいるのだろうか?
あらためて考えてみると、私にはいませんね。もう長いこと。
ふと、あれこれ考えてしまいました。
by (2005-12-19 11:28) 

ころたん

とてもおもしろいドラマでしたよ^^。
ジャニーズの男の子たちが主役だったんですが、いい味出していました。
最近のアイドル君たちに疎いころたんではありますが、かわいかったです。
普段忘れているようなことを思い出せてくれるだけでなく、
笑えるし、脇のキャストも味のある方ばかりでした。

> 私は、親友がいるのだろうか?
ふふふ^^*) 気がついていないだけで、いらっしゃると思いますよ。
案外身近に。気心の知れる友達とは身内以外とは限りませんモン。
by ころたん (2005-12-19 17:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます