SSブログ

自由とは失うものが何もないこと [元気をくれる音楽たち]

※2015.1.2 a-blog「ころたん王国」より移転

ジャニス・ジョプリンの『ミー・アンド・ボビー・マギー』の中の
有名なフレーズらしい。
チロッとググってみた。

ワタシがこのフレーズを知っているのは、
リクオさんがライブで歌う「パラダイス」の中で
引用する名言の一つとして。

だからジャニスの『ミー・アンド・ボビー・マギー』は聴いたことない。
今はネットの時代だから、ちょっとばかりググれば、
youtubeかなんかで聴くことはできるだろう。
でもワタシは聴かない。
というか、この1週間ばかり、音楽をまともに聴いていないなー。
聴く気が起こらない。

というか、明日は、おおはた雄一くんのライブ@得三だけど、
行く気がおこらない。
初体験のおおはたくんのオリジナルライブ…楽しみにしていたのに。
どうしよう…。
音楽へのモチベーションが上がらない。

ワタシは亡き愛犬ジョンとの生活と音楽旅を天秤にかけているところがあった。
どちらも今の自分にとってはかけがえのない大切な存在だった。
今の生活をがんばるエネルギーの源だった。
だけど、どちらを取ればどちらかを犠牲に…という状態だった。
どうしても行きたいライブのある時は、
寝たきりじゃないゆえに世話がかかるようになった
ジョン様のお世話はオカンやオネエにお願いしても、
かなり二人に無理させていた部分もあったし。
やっぱ元気なワタシが主体になるのが一番だったし。

ジョン君、亡き後の今、家の心配事はまだたくさんあるけど、
それでも前よりは自由に音楽旅に出られる環境になった。
翌日のことを考えて、急いで帰らなくてもいいんだ。
ちょっと遠くぐらい、泊まりだって可能だ。

ワタシは以前より自由になった。

君がいなければ僕は
さまようことも出来ずに途方に暮れる

『永遠の詩/リクオ』


失うものがなにもないってことは
さまようエネルギーすらなくなってしまうってことかも。
ある意味〝しばり〟って大切な宝ものなのかもしれない。

何処にも行きたくなくなったのは 何処にも行けなくなったからか
わがままな無いものねだりが 気まぐれに又瞬きをする

『水の中にいるようだ/SION』


今年の誕生日ライブは、
久々にSION with THE MOGAMI@日比谷野音とキメていた。
めっちゃくそ楽しみにしていた。
こちらも新幹線の予約を入れたり準備をしているが、
今はモチベーションが上がらない。

音楽を嫌いになった訳じゃない。
聴く気にならなくても、
今の自分の心境に寄り添うフレーズが思い浮かぶのも音楽だ。
ジョン君がエターナルホリデーに旅立ってから、
まだ1週間ほど。
まだ、しかたがないのかもしれない。

明日、おおはた君のライブは予定どおり行くつもりではある。
たぶん、行けば楽しんで帰ってくるだろう。

しかし、もともとワタシが遠出の音楽旅を休止した動機は、
不惑の40歳を境に、自分の生活を見直そうと思い立ったからだ。
それが40を過ぎた途端に、オカンが倒れたり、ジョンが弱ったりした。
元々の動機とズレてきてしまっていた。
遠出こそしなくなったが、以前よりライブの回数は多くなってしまっていた。
けっきょくワタシは
何もなくても音楽旅をやめることはできなかったんだろうな。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます