SSブログ

明けました2013年 [日記・雑感]

※2015.1.2 a-blog「ころたん王国」より移転

s13570902551.jpg

今年は、四人と1匹、家族揃って正月を迎えられなかったね。
家族年齢が高齢化に突入していたわが家は、
ここ数年、年末年始のこの時期は感謝と祈りを込めて綴っていた。

去年はいろいろありました。
ジョンさまが8月1日に亡くなり、
悲しみが癒える間もなく、
ジョンの半介護から開放され、ホッと一息ついたところに
オカンが硬膜下血腫で倒れた。
意識不明の昏睡状態にまで陥ったときは覚悟したな。
ペットロスに陥る暇なく、晩夏、秋冬を駆け抜けた。
11月上旬になんとか普通の生活できるようになって
おかんが家に帰って来た。
それでも今まで通りに行かないことばかりで、
気の抜けない毎日だった。
その生活にもお互いに慣れて一息ついたのは12月に入ってからか。
私も体調を崩した。
免疫力が低下する時は喉をやられるらしい。
私の弱い部分なのかなー。
8月にペットロスをエスケープしていたせいか、
年末はジョンのいない寂しさや、
いつか家族がいなくなる孤独を身近に感じてメンタルも下降気味。
30代の頃には逃げたくて仕方がない存在だったのにね家族が。
今もその気持ちには変わりないけど。

元旦の日に更新されたトータスモバイルのやや日々も拝見。
小五郎くん、とうとう逝ってしまったか…。
大事に看護されていたのは、
時々、やや日々を垣間見ているだけだったけど伝わって来たよ。
松本家にもらわれて小五郎くんは幸せだったろうな。
だんだんアッチの世界も賑やかになって行くね。
ソウジだけでなく、ジョンやころ太も居るからよろしくね。
私は魂は死んだら消滅すると思っている人間だけど、
でもやっぱ心にファンタジーは必要だと思う。
アッチへ逝ってしまった者たちの魂は、
生きている私たちが時々思い出して、
やさしい気持ちになることで生きつづけるのだろう。

ということで、いつまでもメソメソしていてはダメだ。
自分自身の心に自分が取り憑かれて災いする。
ジョンのことは楽しい気持ちで思い出してやらなくては^^。


写真は元旦の朝の食卓。
以前のようにこったことはできなくなったけど、
今年もオカンのおせち料理が食べれて幸せです。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます